本文へスキップ

田中建設は地球環境の保全を重視し、各種工法・社会貢献など様々な取り組みを行っています。

TEL. 0176-23-3521

〒034-0012 青森県十和田市東一番町2-50

工事実績CONSTRUCTION RESULTS

水路補修工法、水路補強工法

 OM水路ライニング工法
コンクリート構造物に特殊塗料をライニングすることにより、 コンクリートの劣化速度抑制、機能を保持し、耐用年数を向上させることを目的とした保護補修工法です。 水路の漏水防止にも効果があり、用水路では計画水量の確保、排水路では土壌、地下水汚染の対策にもなります。 また、塗膜は滑性に優れており、雪国では流雪溝に塗装することで、少水量、緩勾配でもスムーズな雪処理ができます。
※OM水路ライニング工法の詳細は株式会社大塚工業HP参照

 TSC水路補修工法
既存の水路を取り壊す事なく、表面劣化や中性化の進行した水路を補修し、機能の維持延命を計るとともに水路の寿命を向上させます。
●土圧対策補強工法
 水路内にTSバットレスを取り付ける事により、従来の土圧対策補強で考えられる諸問題をクリアし、土圧対策補強することを可能にしました。
●表面補強工法・表面補修工法
劣化防止と剥落防止機能を兼ね備えた表面補強工法です。
・表層補強工法
・表層補修工法
①下地処理------TSブラスト
②劣化防止------TSシーラー
③素地調整-------TSポリマーアラミド
④シート補強-----アラミド三軸メッシュ
⑤表面保護------TSシーラー
30~40年経過した水路には多くの構造クラックが発生し漏水が著しいヶ所が見られます。
止水工事後の補強の為にクラック部をアラミドメッシュで補強します。
水路の劣化が軽微な場合、劣化の進行を抑制し、表面保護を行う工法です。
外観形状を修復し、美観を向上させます。
 
※TSC水路補修工法の詳細は株式会社シクソンHP参照

TSゴムモルタル 
モルタルでありながら、やわらかく伸び縮みする特徴を持ったセメント製品で、一般のモルタルに比べ、防水性が高く、目的補修にも使用が出来ます。
車両の通過により、常に揺れている壁高欄、構造的な補修を必要としない、
水路などのクラックの補修に最適な材料です。
TSゴムモルタルの特徴
※従来の弾性系塗料とは違い、セメントを混入していることで耐候性・耐久性が高い。
※塗布・被覆する事でクラックの追従性を高め、雨水などの浸透を防止する。
※防水性が高い。
使用用途
・コンクリート壁高覧
・鉄塔の基礎(鉄骨部寝巻き部の防水)
・コンクリート水路・目口、クラック部
・公園遊具施設等(衝撃緩和処理)
※TSゴムモルタルの詳細は株式会社シクソンHP参照

 橋端改良統合システムBER

橋梁端部(αゾーン)の改良に橋端改良統合システム「BERシリーズ」を採用することで、橋梁全体の修繕をバランスよく管理することが可能です。
橋梁端部の「αゾーン」は、さまざまな劣化要因にさらされるため、もっとも劣化しやすい部分です。したがって、この「αゾーン」の改良には、橋端改良技術「BERシリーズ」が最適です。

取扱い技術・工法
  ・常温金属溶射(Zn-Al擬合金)※による支承・桁端部の部分重防錆工法
  ・伸縮装置開口部の乾式止水工法
  ・支承・伸縮装置の取替え、地覆コンクリートの打ち替え
  ・下部工耐震補強工法、落橋防止装置等設置
  ・連続繊維シート接着工法、橋面防水工
  ・含浸工法(完全無機質浸透性改質工法)
  ・コンクリート表面保護工法
※橋端改良統合システムの詳細は橋端改良技術協会HP参照

 支承防食工法(透ける沓)

支承防食工法(透ける沓)は、塗装などの表面被覆で防食効果が期待できない狭隘部にある鋼製支承を「塗れないものは包む」という発想から生まれた新しい防食工法です。
 透明型枠が設置でき、型枠内を透明弾性樹脂を充填することで腐食因子を完全遮断することができ、鋼製支承の腐食進行を止めることができます。

特徴
1. 素地調整簡素化
2. 施工環境に左右されない施工性
3. 目視確認が容易
4. 支承機能を維持

支承防食工法(透ける沓)の詳細

2018.8.11当社施工事記事(橋梁新聞記事より転載)

多機能ポリマーセメントモルタル工法 
 防錆・防食・防水・接着・補修・補強など、様々な機能を持つ無機質系材料を使用するため、同一材料で防錆・断面修復・防蝕作業が連続して行うことができ、作業工程減による効果で環境に優しい補修材です。
 従来工法に比べて工期が短く、メンテナンスフリーでトータルコストを縮減エマルジョンとコンパウンドとの配合比を変えることで、吹き付け・刷毛塗り・コテ塗りなどの作業方法が選択可能。
また、セメントと同じように水和反応で硬化するので湿潤状態でも施工ができ取り扱いが簡単作業中の引火・爆発・中毒の恐れが無い安全な材料仕上がりが美しく、環境に調和した外観コーディネイトにも対応鉄・コンクリートと同じ無機質系材料でありながら躯体の挙動にも追随




バナースペース


田中建設 株式会社

〒034-0012
青森県十和田市東一番町2-50

TEL 0176-23-3521
FAX 0176-24-0800