本文へスキップ

田中建設は地球環境の保全を重視し、各種工法・社会貢献など様々な取り組みを行っています。

TEL. 0176-23-3521

〒034-0012 青森県十和田市東一番町2-50

工事実績CONSTRUCTION RESULTS

緑化吹き付け工法

土壌菌吹き付け工法
一般に緑化工法と称されているものは種子と肥料及び基盤材を散布するもので土壌条件または法面勾配によっては、保肥力が衰退し数年で枯れたり剥落したりします。
土壌菌工法は、地球の表土をつくるという基本理念から生まれた工法で、これらの諸問題を解決し、自然サイクルによる自然条件を地球に返還し続ける工法です。
土壌菌吹付
(野芝種子吹付
野芝種子吹付
(一年後生長)
野芝種子吹付
(生長状況)
 
 ジオファイバー工法
ジオファイバー工法とは、環境に優しい法面安定工で、以下の3つの工法を組み合わせた『連続繊維複合補強土工法』です。
 1.連続繊維補強土工
 2.地山補強土工
 3.植生工
 
ジオファイバー工法の大きな特長は、砂質土と繊維を混合した連続繊維補強 土にあり、擬似粘着力の付与により、せん断強度が大きく粘り強い土構造物が法面を保護します。従来のブロック積み擁壁やモルタル・コンクリート法面にはな かった、緑豊かな景観や自然環境にやさしい法面を創造します。
※ジオファイバー工法の詳細に関してはジオファイバー協会HP参照

GTフレーム工法
補強盛土工法等で用いられるジオシンセティックス(ジオグリッド、短繊維)の特性を利用した新しい吹付のり枠工法です。  

モルタルや鉄筋を使用しない新しいのり枠構成

のり面・斜面に連続するジオグリッド『GTフォーム』を格子状に設置し、短繊維『GTファイバー』を混合した改良土を吹付けることで、ねばり強く、枠自体にも植物の生育が可能なのり枠構造(補強土植生のり枠)を造成します。   

※GTフレーム工法の詳細に関しては補強土植生のり枠工協会HP参照

 ビオ・セル・ショット工法
グラウンドカバープランツと呼ばれる栄養(苗)繁殖性植物の機械吹付けを可能にした緑化工法です。
専用のトレイで育成し発根させたセル成型苗やマット苗と呼ばれる苗と専用の緑化基盤材等を吹付機械で混合攪拌し、事前に吹付造成した植物生育基盤上に吹付けて緑化します。   
※ビオ・セル・ショット工法の詳細に関してはテクノアシスト株式会社HP




バナースペース


田中建設 株式会社

〒034-0012
青森県十和田市東一番町2-50

TEL 0176-23-3521
FAX 0176-24-0800